黒歴史爆発

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725020222j:plain

 

最近は、来週のイベントに向けて無印のリハビリと攻略を進めております。

流石にもはや6年近く前の作品、過疎といえば当然過疎なんですが、それはサインツールを使わない場合のお話。それを使えば今でも残っている人たちは思ったよりも多いみたいです。すごいなぁ…。

 

それでね、とりあえず操作確認もして、なんとなく当時のプレイングも思い出しつつ。ふとツールを見てみると、募集があったんですよ、ダークソウルの華・アノールロンドに。そしてサインを書いてみると即!召喚されたんですよ!当時お世話になっていた顔見知りのホストと白霊に!!

内心大歓喜。この時ほど「両手歓喜」のジェスチャーがしたくなったときはない。無印では歓喜ジェスチャーは一つしかないからね…ってそんなことはどうでもいいねん!向こうがこちらを覚えていて召喚したのかどうかはわからない。しかししばし喜びに震える…そしてそのままアノールロンド最初の難関、絵画守りの梁ゾーンへ

無印経験者なら分かると思うけど…ここ、異様に道が狭いじゃん。ちょっと操作間違えるだけで落下するじゃん。めちゃくちゃ怖いじゃん。…まぁ結論を言えば、落っこちちゃったんですよ、私開幕早々ダサい、ダサすぎる!

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725023124j:plain

…別にこのゾーンは元から落下死も多いし、慣れてるプレイヤーでも死ぬときは死ぬ。それでも、私はね…誰かのせいじゃない自分のミスというのを非常に気にするんですよ。絵画守りは大弓で落としたし、闇霊の侵入もまだなかったし。じゃあ過失は自分にしかないじゃん?

 

それでもまだスタートしてすぐのエリア、脱落してもすぐ再召喚してもらえばいい話(無印は再召喚制限とかないからね)。よし、同じ位置にサインを書いて待ってよう!

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725024608p:plain

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725024608p:plain

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725024608p:plain

あれ?再召喚されない…?

もしかしてあの落下死が不甲斐なさ過ぎて呆れられた…?自分よりもっと有能で面白い人のサインが現れたとか…?再会に喜んでるのは自分だけで、別に向こうはどうでもよかったんじゃ…?もしかしたらサーバーの関係でサインが見えてないだけかも…そもそも再召喚してもらえるってこと自体驕ってるんじゃないか…?

 

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725025114j:plain

…ネガティブすぎるのは分かってるんです。でも気になるんだよ!たかが落下死、たかが再召喚されないだけでも!

どうも自分は完璧主義者というか、「そうなって当然」と考える節があるようです。クリアして当然。拾われて当然。だってオレ様だぜ?最強ダゼ?あぁ~イヤだわァ~こんな尊大なくせに女々しい男!

 

…まぁそれはそれとして。むしろここからが本題なのですが、無印勢(今でも無印をプレイしている人たちのこと)に再会すると、嬉しい反面当時の黒歴史が如実に思い出されてブルーになるんです。

以前の日記で「当時は迷惑行為もしていた」というのを黒歴史として自己申告(免罪という意味で)しましたが、実はそれ以外にも黒歴史はまだあったんですよ。

でもそれが何かは言えない。もったいぶっといて言わない!…これに関しては迷惑行為ではないと言えばないんだけど、人によっては出待ちやファンメよりもむしろめんどくさいというか…ああなんかもういたたまれなくなってきた。

だから無印勢のみなさんをみると、当時のアホな自分を思い出して若干鬱になるんですよね。鬱というかゴロゴロ転げまわりたい気分。穴があったら入りたいとはまさにこのこと。まぁダクソ的には穴に入れば死亡確定なんですが…もしくはデーモンが二体いるかもしれない。

…そろそろ、過去の自分と向き合う時が来たのかもしれない。受け入れるのか、反発するのか…

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725033715j:image

f:id:darksouls3_tanoshiine:20170725031707j:image

許せ自分!許せ当時の人々!過去は受け入れて前へ進むしかないのだ!…一人納得しても迷惑かけた事実は変わらないんですが。

あぁ~でも本当に恥ずかしい…あああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!!

…結局自分の自意識過剰っていうだけです。ただそれだけの話。

 

 

 

…今回の日記、何の解決にもなってないうえに読む側は何の話をしているのかさっぱりわからない!まぁ…たまにはいいだろ、こういうのも…。

イベントカレンダー